医師紹介|内科 腎臓内科 循環器内科 在宅医療 予防接種 健康診断|池田医院|福島市 飯坂町

〒960-0201
福島県福島市飯坂町字若葉町5-1
TEL:024-542-4084
医療法人社団 いいざか 池田医院
院長のあいさつ
信頼関係を大事にした診療を心がけています

はじめまして、医師の池田和也です。

腎臓・高血圧・内分泌内科を経て循環器内科に携わり、「心腎連関」の概念の重要性を肌で感じています。一次予防に重点をおいて、総合診療科・一般内科医としても幅広く診療にあたってゆけるように努力して参ります。よろしくお願いします。



【経歴】
S54年7月13日生まれ
日本大学医学部卒業
日本大学医学部付属板橋病院 研修医
日本大学医学部 腎臓・高血圧・内分泌内科 専修医
榊原記念病院 循環器内科 レジデント
池田医院 副院長

【資格】
医学博士
認定内科医
臨床研修指導医
透析専門医
日本医師会認定産業医

院長 池田 和也

副院長のあいさつ
信頼関係を大事にした診療を心がけています

私は飯坂町で産婦人科・外科を開業していた父の後を継いだ2代目院長です。専門は一般外科ですが、内科やその他の科を研修し地域のホームドクターとして今日に至っています。

私は常日頃、来院された患者様には病気の診断治療を通してよくなって頂こうと真摯に向かいあっています。それが私の特徴だと思っております。

次に当院が力を入れているのは、病診連携です。重症化して来院された患者様が一番専門性で最新の医療を受けられるように専門医を紹介して上げることです。
また、超高齢者社会となり町中でも病院・医院に行けない患者様のために、在宅医療(往診)にも力を入れております。

常に町医者として市民の目線で医療に従事しております。


【皆さまへ】
3月11日の東日本大震災以降の福島はいろいろな問題を抱えて月日を過ごしてまいりました。

被災地ということで、全国、全世界の皆様から温かいお言葉、お見舞いを頂戴し心から御礼を申し上げます。

池田医院でもわずかながら建物被害を受けましたが、電気が通じた3月14日から診療を再開いたしました。

福島原発の水蒸気爆発により、福島は混乱し、この先の不安を抱えました。

しかしながら私どもは患者様が一人でもいる限りこの医院を絶対に閉じることはならない、それは医療人としての使命でした。

その後、避難命令を受けた浜通り地方の方々が、医院がある飯坂温泉にいらっしゃいました。公共施設、ホテル、旅館に移られ、どんなにつらい思いで過ごされたか、想像を絶する生活であったと、よく耐えられたと頭の下がる思いでいっぱいです。

当然のこと、当院にも、患者様としてたくさんの方が受診され、待合室はごった返えしの状態でした。薬を飲んではいるが何のお薬か分からない方にはひとつひとつ聞き取り、急性の病気の方、症状が悪化した方などの応急処置、数々の治療に当たった数ヶ月でした。

その頃はこの混乱の収束など考えられませんでした。

現在は放射線被ばくが福島を困らせています。前例のチェルノブイリの事故などからしか学べず、福島がすべて新しい事実を作ってしまったのです。

私は、福島県立医科大学で甲状腺の研究で博士号を取得しました。
今は、開業医ですから甲状腺研究から離れていますが今でも甲状腺疾患を持つ患者様と向き合っています

甲状腺に及ぼす放射線の影響は、大きな問題となっています。

福島県では、継続検査を実施していますのでそれがどんな救済になるのか大いに期待しているところですし、青少年に深い傷を負わせたくないと心から望みます。


【経歴】
S21年7月19日生まれ
日本大学医学部卒業
福島県立医科大学附属病院第2外科副手〜助手
二本松社会保険病院 勤務
済生会 福島総合病院 勤務
池田医院 院長

【資格】
保険医
医学博士(甲状腺疾患の研究)
日本外科学会認定医
日本法医学会
日本医師会認定産業医
警察医
日本医師会認定医健康スポーツ医

【校医】
福島県立北高等学校
相馬農業飯舘分校

【産業医】
福島北警察署
吉川屋旅館
日本郵政

【嘱託医】
社会福祉法人 けやきの村
障害者支援施設 静心園

副院長 池田 正昭
(休養中)

このページのTOPへ